在来工法、スーパーウォール工法を中心にお客様のご要望に添えるよう『夢の家作り』をお手伝い致します。

岩手県気仙郡住田町上有住字上寒倉127-1

0192-48-2337

営業時間:8時~17時

ブログ個人トップ建築士の嫁

建築士の嫁 2012/8

工務店に嫁いで○○年。毎日が新鮮ことばかり。ブログでお伝えします。

さんま!食す!

投稿日時:2012/08/30(木) 07:08




昨日の夕飯は 「さんま」を焼いてみました。

もともと 魚類を苦手とする我が家ですが

この時期になると子供たちも 「さんま」は 綺麗に食べてくれます。

ただし 頭と尻尾と内蔵は取りますけど・・・・・・。

魚好きの人たちにしてみれば 邪道な食べ方だと思われそうですが

たっぷりの大根おろしで食べるのが一番ですね。

息子くんだけは 「ポン酢」派です。

大船渡~陸前高田へ

投稿日時:2012/08/19(日) 18:20

お盆の15日 娘っこの課題の付き合いで

今度は 大船渡~陸前高田を回ってきました。

ほとんど 地元のようなものだけど

地震のあとは 遠ざかっていたところで

久しぶりに見るところは 変わっていないところもあれば

私の実家がある陸前高田は すっかり変わってしまいました。









碁石海岸





奇跡の一本松


高田一中と高田高校に列車通学し 高田に就職。

慣れ親しんだ高田の町は 見る影もなく変わっていました。

夏に限らず  「暇だから 松原にでも行ってくっか~」

と ぶらぶらと散歩。 

小学校の時は 親子海水浴。

学校時代はサッカーの練習を見に行ったり 松原球場に野球応援。

寒い中 初日の出を見るために松原で待ったこともありました。

子供が生まれてからは 子供たちをつれて海水浴にも来ました。

まだまだ いろいろな思い出があります。

変わってしまった町を 写真に撮ることはできませんでしたが

唯一 奇跡の一本松だけは 遠くから撮ってきました。




今日の お土産たち

〈大船渡〉




〈陸前高田〉


宮古~山田~大槌~釜石~大船渡

投稿日時:2012/08/13(月) 14:22


昨日は 娘っこの夏休み課題の取材のために 朝 7時に家を出て 

宮古~山田~大槌~釜石~大船渡 とドライブしてきました。


思ったより早く  9時に 「浄土ヶ浜」についたら

もう泳いでた人もいて 暑くなるような予感。









その辺を 写真を撮りながら散策後

お昼には まだまだ早かったけれど 何か食べようか?ということになり

「浄土ヶ浜ラーメン」と「ソフトクリーム」を ひとつずつ頼んで二人で食べました。

娘は 「ムール貝」を初めて見たのか? 

「えっ。何これ? オレンジの牡蠣?」

なんて 言いながら 磯の香りたっぷりのラーメンを食べてきました。






「シートピアなあど」 津波で建物が被害にあいましたが

目の前に プレハブで営業していました。

お盆も近いこともあり  お花やお盆用品もおいてあり賑わっていました。

そんな中 お土産を 買ってきました。




山田~大槌~釜石と 写真を撮りながら車を走らせ

道の駅「さんりく」で またまた買い物。

私たちから見れば ほとんど地元の商品で お土産にするには 珍しくないものだけど

「被災地の商品を買って少しだけ 復興のお手伝い」 ということで 買ってきました。



お昼を食べようと 立ち寄ったけれど 駐車場も食堂も満杯であきらめ


大船渡の屋台村での昼食となりました。







                        「老上海」の中華飯

退院しました。

投稿日時:2012/08/11(土) 08:03

8月7日 私の誕生日、病院で過ごしました。

深夜のオリンピック観戦&冷たいものの飲み過ぎ? 生ものを食べたから?

体調を崩し 息子くんが入院してしまいました。


生まれてから 保育園に入るまで 入院続きだった息子くんでしたが

最後に 入院したのは 小2の時。


久しぶりの入院。

最近の病院は IT化?が進んでるらしく

看護師さんは IPad を片手に 点滴管理。

ノートパソコンで 血圧、体温等を即入力。


昔は 良く覚え書きとして 手の甲に書いてたものだったが・・・・。

ナースステーションを のぞいてみても ほとんどの看護師さんが

パソコンに向かっている~。

しかし、看護師さんの対応はみんな優しく・丁寧なのには驚きました。

息子くんの関係で いろいろな病院に行って来たけど

大きい病院ほど 看護師さんの対応がいい印象があるなあ・・・・

某大学病院の 教授回診は今でも覚えているけど

テレビで見るそのもので 准教授やインターンを引き連れ

たいしたことも聞かず  回診らしきものをして去って行ったっけ

明確に派閥があることが わかる回診で

息子くんの担当教授は 総回診には加わらず

時間差で 他の先生を連れてきていたなあ。 



昔を 少しだけ思い出した今回の入院でした。 
 

0192-48-2337お電話

資料請求・お問合せ

資料請求
お問合せ